などなどブログログ

週刊少年ジャンプ「ドクターストーン Dr.STONE」応援しています。その他いろいろ日記や感想などなど。

進撃の巨人

進撃の巨人105話感想 勝者なき大勝利

// 今月号は「こういう展開はもうないだろう」と思ってたことが起きててビビリました。 完全に作者諌山創の掌の上です。

進撃のスクールカーストとか星色ガールドロップみたいなネタが好き

// 進撃の巨人の25巻、巻末の恒例の嘘予告で「進撃のスクールカースト」ネタがまたもや続いてました。 これで第5弾でしたっけ? あれ結構好きです。

進撃の巨人104話感想 巨人が巨人で巨人を処刑

今月は読んでて唖然となったシーンが2箇所もあって読み応えありました。 進撃の巨人は読んでて「凄い」とか「深い」とかはよく思うけど、それが「なんじゃこりゃ」のレベルにまで行くのは実は少ないです。 ちなみにそういうのの最初のひとつめはサシャが教官…

進撃の巨人103話感想 4年越しの重い宿題

// 前々回レベリオ収容区の式典をエレンwith「パラディ島の悪魔」軍は見事に奇襲の第一撃を成功させ、前回はマーレ軍の4体の巨人がかなり善戦して盛り返しましたが、今月号ではまた「悪魔」側が強みを見せました。 強いなあー。 今月はマーレ軍の巨人達が次…

進撃の巨人102話感想 あと一歩がいつも遠い

// 「パラディ島の悪魔」とマーレ軍の戦闘は前回のエレンa.k.a進撃の巨人と立体起動兵士達の奇襲がかなり成功した感じでしたが、マーレ軍もなかなかしぶとくてこのレベリオ収容区内の戦闘もますます激化しました。 しかし、この漫画のバトルシーン読んでると…

進撃の巨人101話感想 巨人バトルのプロと素人

// 始まってしまったパラディ島VS全世界の戦争。 というか調査兵団VSマーレ軍。 いや、かつて「調査兵団」だった彼らですがその総称が今でも調査兵団のままなわけはないですね。 なんて名前なんでしょう、今の彼らは。

進撃の巨人100話感想 エレンを甘く見てた

// 別冊少年マガジンの「進撃の巨人」は今月でついに第100話! でもまだ100話という気もしないでもないです。 創刊号と同時に連載開始して、一度も休載した記憶がないと思ったらやっぱりそのとおりで創刊100号目と同時に100話となりました。 創刊号から連載…

進撃の巨人感想 ライナーを追い詰めるエレンが超怖くて面白い

// 別冊少年マガジンの進撃の巨人の連載でここ数回で登場した「クルーガーさん」は顔アップになったときに「もしかしてエレン?」と思わせる感じでしたが、やっぱりエレンだと判明したのが前回で、今月号はついに再会してエレンとライナーのやりとりが読んで…

進撃の巨人のライナーってFF7のクラウドにちょっと似てる気がした

進撃の巨人のライナーの過去編はいつまで続くのでしょう。 いやまー、壁の外の世界のマーレとかの国々はどうなってるのか、ライナー達はどこの何者だったのかを描くのは物語上重要で不可欠なのはもちろん承知していますが、それをライナー(が抱える心の闇)…

進撃の巨人の「九つの巨人」って絶対なりたくない

進撃の巨人は別冊少年マガジンの連載で最近いろんな謎が一気に明かされて時間も進んで話が大きく進んだ感じです。 中でも気になったのが人間の知性を保ったまま巨人化できる「九つの巨人」です。 タイトルの進撃の巨人もエレンが受け継いだ巨人の種類の名前…

スポンサーリンク