などなどブログログ

漫画の感想や日記などなどを。

この駐輪の仕方は防犯上逆効果ではないか???

ずいぶん前にとある駐輪場で、自分だったら絶対しない駐輪の仕方をしてる知らない人の自転車を見かけました。 強く防犯の警戒をしてるのは理解できるのですが、かえってそれが逆効果を誘発しそうな悪目立ちしてると思いました。

炎魔王リーパーをチョコと一緒に食べて乗り切る

暴君ハバネロ系の激辛スナック菓子「炎魔王リーパー」が安く売られてるのを見かけたので、つい買ってしまいました。世界一辛い唐辛子「キャロライナ・リーパー」が使われてるという。 いつの世にも悪い冗談として作られる常軌を逸した激辛食品は滅びることは…

「ナマコは平気!目・耳・脳がなくてもね!」感想 ナマコに謝り、ナマコを称えよ

「ナマコは平気!目・耳・脳がなくてもね! 5億年の生命力」 さくら舎 一橋和義著 って本読みました。 動物の生態を紹介する本はよくありますが、これはなかなかの異色作です。ナマコというチョイスもしぶいしタイトルのセンスも面白いです。そして中身もか…

あつまれ!ふしぎ研究部感想 まさか終わるの?終わるのか!?

安部真弘が週刊少年チャンピオンで連載してる「あつまれ!ふしぎ研究部」、今週の話は読んでてドキッとしました。どっちかっつうと悪い意味よりで。 長く続いてたぬるま湯ハーレム状態を鈴が自ら破壊してしまいました。 まるでもうこの漫画を畳んで終わらせ…

CHILL OUT ZERO GRAVITY飲んでみた。チルみを知りたい。

エナドリではなくむしろその逆、逆エネジードリンクだというチルアウトを飲んでみました。 はたして「チルい」んでしょうか。これ飲めばチルれる?そもそもチルいって何?

「フォン・ノイマンの哲学」感想 著者の思想のほうがなんかひっかかる…

講談社現代新書 高橋昌一郎著 「フォン・ノイマンの哲学 人間のフリをした悪魔」 って本読みました。 な~んか微妙~にすっきりしませんでした。 私はフォン・ノイマンについてはほぼ無知で、この本は人間のフリをした悪魔ってタイトルに興味をひかれてなん…

「スナックバス江」の明美について現在分かってること

スナックバス江で働くチーママ明美。どんな人なのか、判明してる範囲、推測できる範囲でまとめてみます。 名字は不明。名前の明美が源氏名か本名かすらも不明。例えば三沢とか回想内の親とかが彼女を明美と呼んでる絵でもあれば本名だと推測できるけどそうい…

「フォビドゥン澁川は「〇〇大好きおじさん」の発祥者的存在なのか」問題

「何々大好きおじさん」というネットミーム……いやネットミームとまでは言えないか……定型句のような言葉があるのはご存じでしょうか。 意味はそのまま、何かのことが好きなおじさんがそう自称したりあだ名をつけられたりする現象のことです。 それの発祥者の…

ゼルダの伝説ティアキンのあとでふしぎの木の実遊ぶとなんか感慨深い

ゼルダの伝説 ふしぎの木の実 大地の章 時空の章 をクリアしました。 ニンテンドースイッチのスイッチオンラインのゲームボーイのやつ。 ずっと昔に一度遊んだことはあったのですがその記憶はすっかり消えててかなり新鮮な気分で遊べました。 いや本当にマジ…

セメント製のゴミ箱は撤去できない

先日、ごく普通の小さな公園で謎の物体を見かけて、近寄って確認してみたら「かつてゴミ箱であったもの」でした。 その物体が公園に残り続けてることが妙に切なかったです。

スナックバス江14巻感想 山田と小雨の歴史的出会い

スナックバス江14巻買ってきました! 今回は本編以外の情報量が非常に多い巻でした。その筆頭はもちろんアニメ放送開始!

スイッチの「くっころでいず」遊んでみた。面白くはなかったけどそれで別にいいのかも。

ニンテンドースイッチの「くっころでいず」を遊んでみました。 エロゲーを家庭用にした系のゲームです。 私はエロい物はもちろん好きなのですがエロゲー系は普段ちっとも全く遊ばなくて、でもこれはちょっと興味が湧いて試しに遊んでみようって気になりまし…

ダイソーの「デジタル温湿度計 置き掛け兼用」 液晶がちょっと薄くて細い以外はいい感じ

DAISOで前から気になってた時計を買ってみました。 デジタル温湿度計 置き掛け兼用というやつ。税込550円。 おおむねいい感じでした!

「盗作小説」感想 盗作とかいう次元の問題じゃなくなるのが凄い

「盗作小説」ジーン・ハンフ・コレリッツ著 鈴木恵訳 ハヤカワ・ポケット・ミステリ って本読みました。 展開や結末に無理っぽさとありがちさを感じることはあったのですが、そこを良しとすれば全体的には面白い本でした。辻褄が合ってないってことも無かっ…

能登半島震災の新聞6社の社説がなんか嫌だった

石川県の「令和6年能登半島地震」が元日に発生し、日本の新聞各社は1月2日が休刊日で翌1月3日にこぞって社説でこの震災を扱いました。 新聞の社説はネットで閲覧できますが、なんかどれも印象悪かったです。 「全力を尽くせ」とか命令してるのが。

テトリス99は「人生で最も遊んだゲーム」になりそう

ニンテンドースイッチオンラインのtetris99。 私はなんかずっと遊び続けてます。今日はそのことを書くだけのブログです。 もしかしたら私の人生で最も多く遊んだゲームかもしれません。あなたにとって最も遊んだゲームって何ですか?私はテトリスです!

ヌートリアがいた!

近所の川にヌートリアがいました。ヌートリア初めて見ました。 ヌートリア!ヌートリア!

2023年のバキはどうだったのか?「バキ道」はどう終わったのか?「バキらへん」はどうなってほしいか?

2023年のバキを振り返りたいです。「バキ道」が終わり「バキらへん」が始まった年となりました。 私としては「同じようなことを繰り返してるだけではないのか」という思いが大きいです。ただ世の中には実際「サザエさん」のようなそういう作品が存在し、ぶっ…

ジョジョマガジン「無限の王」感想 リサリサ人生最後の戦い、そしてレクイエム

JOJOmagazine 真藤順丈著「無限の王」って小説読みました。 良かったです。私はジョジョの小説読むときはオリジナルスタンドを結構楽しみにしてます。今作は舞台が中南米なので登場するスタンド名もそれっぽいのが新鮮だったし、全体的な中南米の空気感や語…

痔は初動で決まる!初期症状のうちに市販の薬で自力で治せ!

恥ずかしながら最近ちょっと痔になってました。ですが市販の薬で治りました。治って良かったあ~! 今日はそのブログを残します。患部とかの妙な写真は一切無いです。「痔は初期症状のうちに市販の薬を塗るセルフケアが非常に大切だ」ってことを強く訴えたい…

「日の名残り」小説&映画の感想 吉良吉影はこの映画のどこが好きなのか?

「日の名残り」カズオ・イシグロ著 土屋政雄訳 早川書房 って本読みました。そして続けて1993年のその映画も鑑賞しました。 ジョジョの奇妙な冒険4部の吉良吉影が好きな映画なんです。なのでいつかみてみたいと思ってたものでした。 まず小説を無心で読み、…

「ナイフをひねれば」感想 シリーズで一番面白かった!

創元推理文庫「ナイフをひねれば」 アンソニー・ホロヴィッツ著 山田蘭訳 って本読みました。 ホーソーン&ホロヴィッツシリーズもこれで第4弾。これでやっと現行に追いつけました。 で、4冊読んでこれが一番面白かったです!

ビタミンB1とビタミンB1誘導体は何が違うのか、そして「違うから何なのか」

まずビタミンB1誘導体とは何か。大雑把に言って「ビタミンB1のすごくいいやつ」です。 で、ビタミンB1はしっかり摂取することで体の問題が改善することが結構ある重要な栄養素です。関節痛とか。 ではそういうのに悩んでる人は、普通のビタミンBの市販のサプ…

マイホームヒーロー感想 窪がラスボスじゃないなら哲雄がそうなるのか???

「主人公がラスボス」っていう概念ありますよね。 実は私自身はこの言い回しにしっくりこないことが多いんですが、そのへんは今はおいといて、あくまで世の中に軽く広く浸透してる意味でのラスボス系主人公の話です。 例えるならデスノートの月とか進撃の巨…

「殺しへのライン」感想 私はクイズを解く気が無いのにクイズ本を読んでるのだろうか?

創元推理文庫「殺しへのライン」 アンソニー・ホロヴィッツ著 山田蘭訳 って本読みました。 これまでホロヴィッツのミステリー小説を何冊も読んできて、相変わらず彼の作風というかそういうノリが今回も全開バリバリであり、なんかそういうのを「ホロヴィッ…

「首切り地蔵」まとめ 日本に15か所ありうち5か所が奈良らしい

ちょっと「首切り地蔵」をgoogle検索してみました。 15か所出てきました。うち5か所が奈良。兵庫が3か所。大阪が2か所。 奈良は首切り地蔵が日本で最も盛んな地域です。

小指を立ててハンドグリップを握ろう

ハンドグリップ。握力を鍛えるやつ。あれ毎日使ってます。軽く。 あれを、小指を立てて、小指の力を一切使わずに握ってみましょう!

進撃の巨人アニメ最終回感想 この世で諌山創だけに許された史上の贅沢

アニメの進撃の巨人の最終回まで見届けました!たぶん全話残さず視聴したと思います。全何話なんでしょうね。 私は原作漫画のファンであり、アニメは当然ながら結末を知った上で「せっかくなのでみる」って程度のスタンスでした。それでも圧巻でした。 で、…

「その裁きは死」感想 都合のいい偶然が起こっていいの?

創元推理文庫「その裁きは死」 アンソニー・ホロヴィッツ著 山田蘭訳 って本読みました。 うーむ、よくできてるのは間違いないんですが、でも、なんか、私がこれまでに読んで感嘆したカササギ殺人事件、ヨルガオ殺人事件、メインテーマは殺人ほどではなかっ…

「メインテーマは殺人」感想 アンソニー・ホロヴィッツって江戸川乱歩の正反対だね

創元推理文庫「メインテーマは殺人」 アンソニー・ホロヴィッツ著 山田蘭訳 って本読みました。 解説に「惚れ惚れとするフェアプレイ」とあり私もそれに同感でした。謎解き小説として本当にお見事。そしてそれ以外の面でもこの作者ならではな要素がいくつか…

スポンサーリンク