読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

などなどブログログ

「ドクターストーン Dr.STONE」応援しています。その他いろいろ日記や感想などなど。

ドクターストーン

ドクターストーン11話感想 司の人形の居場所はない

「Z-11 科学の武器」 千空死んでしまいました。 ここ数話でいわゆる死亡フラグってやつがビンビンでしたから、こうなることは意外ではありませんでした。 いや、意外だったかな…? このドクターストーン新連載第1話を初めて読んだときには千空が死ぬとは全く…

ドクターストーン10話感想 天才とバカが供にいた理由

「Z=10 科学の徒」 漫画でよくある疑問で、同じ高校の同じクラスになぜ極端な天才キャラと極端なバカキャラがいるのか?というのがあります。 あと極端な金持ちと苦学生とかいたり、現実離れしたヤンキーが退学にならずに在籍できたり、なんてのもありますね…

ドクターストーン第9話感想 足手まといヒロインなどと誰が責められようか

「Z=9 千空 VS 司」 連休明けのジャンプ! 2週間だけど意識すると長く感じるものです。 でもようやく再開で嬉しいです。 今週はかなり緊張感ありました。 司は相変わらず歪んでて怖いです。

今、週刊漫画を2本同時に連載してる漫画家がいる

このブログで注目している週刊少年ジャンプのドクターストーンの作画担当のBoichi(ボウイチ)は、現在そのドクストと同時に週刊ヤングマガジンでORIGIN(オリジン)も週刊連載しています。 週刊漫画を2本同時に連載って…。 さすがにオリジンのほうは休みは…

ドクターストーン第8話感想 死亡フラグを崩せるか?

「Z=8 狼煙をあげろ」 今週面白かった! ここ最近は司の言動が見ててどうにもしんどかったんだけど、一気に展開が進んだ感じで読み応えありました。 まずは大樹の杠への愛の告白のことについてちゃんと話せる機会がありました。 ざっくり言ってお互いに保留。

ドクターストーン第7話感想 ここは鎌倉だったのか!

第7話「Z=7 火薬の冒険」 千空は今まで頑張って作った住居を(一時的かもしれませんが)破棄するようです。 確信的に司と戦うことを決心しています。 今更だけどやっぱり話し合う余地はない…ですね。 司に石像を壊して回ることを一刻も早くやめてもらわない…

ドクターストーン第6話感想 たまぐすりである!

第6話「Z=6 大樹VS司」 状況が全くわからない。 ここがどこなのか、目の前の変な格好の大樹と千空は何を切羽詰まってるのか、司って誰なのか、杠には全くわかりません。 でもまあ、千空を一人置いて逃げるという選択肢はありません。 大樹と一緒に「逃げずに…

ドクターストーン第5話感想 スピード展開でヒロイン復活

第5話「Z=5 杠」 司に復活液の詳細を隠したかった千空はそう考えた瞬間に大樹にぶち壊しにされます。 渾身の落胆。 しかし司の前で大樹を責めるわけにもいかず、切り替えて杠復活の儀を粛々と始めます。 かなりきわどいデザインの服も着せて。

ドクターストーン第4話感想 ライオンは不味い

第4話「Z=4 純白の貝殻」 大樹と千空にとっては本来はここで復活させる予定のなかった人間、獅子王司。 前回3人を「知力、体力、武力」と言ってましたから、筋力やスタミナは大樹のほうが上なんでしょうか。 でもそれでは「霊長類最強」の格闘能力を持ってい…

ドクターストーン第3話感想 想定外の獣と予定外の男

第3話「Z=3 KING OF THE STONE WORLD」 人類が全員石化して数千年! 大樹と千空は石化解除ができるよう調合されたナイタール「復活の水」を作り出すことに成功。 さっそく杠に使おうとしますが、いきなりヒロインにぶっつけ本番で使う前に当然事前に試験もし…

ドクターストーン第2話感想 1年間自然災害がなくてよかった

第2話「Z=2 FANTASY VS SCIENCE」 大樹にとって原始ライフのスタートとなる第2話。 狩猟採集生活です。 すでに千空が一人で半年間頑張って家や小道具はいろいろと出来ているのでスムーズに事が進みます。 食料の確保は千空一人のころより格段にはかどって食…

ドクターストーン第1話感想 誰かが全人類を石化させたわけで

第1話「Z=1 STONE WORLD」 その日― 世界中の人類は全て石になった!! というお話。 日本のどこかの広末高等学校が始まりの舞台となります。 黒髪のデカブツ高校生、大木大樹が主人公。 両親はすでに亡くなっているとのこと。 そんな大樹が惚れているのは、…

ドクターストーンってどんな漫画? そういえばLIFE AFTER PEOPLEとサバイバルシリーズって知ってる?

週刊少年ジャンプ14号から連載開始されました。 Dr.STONE ドクターストーン 原作は稲垣理一郎、作画はBoichi。

スポンサーリンク