などなどブログログ

漫画の感想や日記などなどを。

かぐや様は告らせたい191話感想 管理売春もしくは女衒

荻野コウの悪行に唖然としました。いろんな意味で。

 

週刊ヤングジャンプ43号 赤坂アカ かぐや様は告らせたい191話 「子安つばめは塗り替えたい」

 

 

荻野についてはいったん置いといて、まずは今週のかぐや様は、かつて、白銀が校内の嫌われ者だった伊井野選挙編のとき救ってあげたときのようなことを、今回は子安がこれから石上にしてあげるんだって気持ちが描かれた話でした。

 

優しいです子安。信じられないくらい。

 

でも「こんな優しい人間現実にはいないだろ~」とまでは言いません。

 

世の中いじめをしたがる人間もいれば、したくない人間だっていますからね。

 

あるいは子安も幼い頃にいじめられた経験とかあって痛みを知ってる側なのかもしれません。それっぽいことは以前大仏には明かしてましたしね。

 

 

龍珠もそんな子安に救われた一人らしく、子安の思いにとげとげしい指摘をしながらも、協力すると、子安の優しさをこれから自分もペイフォワードしてくと、涙ながらに誓うのがいじらしいです。

 

f:id:mogmogfirst:20200924212101j:plain

 

これは卒業シーズンの涙でもありますね。

 

 

 

ただ彼女らのやろうとしてることには危うい一面があり、まさに今週龍珠が言ってたことですが「一人の悪者を大勢で成敗するのは楽しい」というエンタメを彼女ら自身がこれから「荻野という悪者をみんなで成敗してスカッとしよう!」というノリでの狂騒化を引き起こしうる、一歩間違えればすぐそうなりそうな本当に危うい印象も湧きました。

 

でもまーこのへんは心配しなくても大丈夫かなあ。子安は「マイルドに」って言ってますし。

 

 

 

で、子安の作戦。

 

要は「石上に関する悪評価なデマの噂を、好評価なデマの噂で塗り替える」と。

 

f:id:mogmogfirst:20200924212050j:plain

 

その根回しを、部活連やVIP枠といった校内カースト上層に行うのが作戦の第一段階というわけでした。

 

そして第二段階は彼女が大友に直接会って話すこと。第三段階もきっと何かあるのでしょう。というかそここそがメインなんだろうなって予感。

 

 

 

ところでここでちょっと面白いと思ったことがありました。

 

この作戦に協力することを、サハ部部長(ガルダン・アーサラム王国第2王子)は「加担」と言い、剣道部部長(警視総監の息子)は「荷担」と言ってるところ。

 

f:id:mogmogfirst:20200925011842j:plain

 

両者は字が違うだけで本来意味は全く同じ言葉ですが、個人的には「荷担」のほうが「負担になる」「労力を払う」というニュアンスがより強いイメージです。

 

そこになんかサハ部部長と剣道部部長の性格の違いが出てるような気がしました。

 

でもただこれは単なる表記ゆれなだけで、特に深い意味は無いのかもしれませんけどね。

 

 

ちなみに「サハ」っていうのは王子の祖国にあるスポーツの名称なんだそうです。

 

(この記事で「サハ」について作者赤坂がちょっとだけ語ってます)

 

 

 

そして。会議中にかぐやがさり気に言った荻野の悪行について、私はかなり驚きました。

 

「怪しげな斡旋業に手を染めていました」と。

 

f:id:mogmogfirst:20200924212000j:plain

 

はああ!?

 

私はこれまでは荻野って男は、要はヤリモク男で、一度コマした女を仲間内で「共有」して遊ぶようなタチの悪いヤリサーの元締め……という認識でいました。

 

それだけでもかなり悪質なのに、今回それどころではなかったと明かされ、斡旋業とまでいくともう、ヤリサー的準強制性交罪(旧名・準強姦罪)的ゾーンを突き抜けた全く別の次元の犯罪です。

 

(飲み会とかでヤリサーにヤられた女の子って、「合意の上での性交だったのか」が自分でも分からないほど曖昧になりやすいそうです)

 

しかも当時中2の少年が。

 

なんちゅうモンスターや。荻野は。マジのガチの犯罪者やんけ。

 

 

こういうの女衒(ぜげん)って言いますよね。

 

大人だったら「ソープに沈める」系のやつですが、中学生だったら少女売春となり、闇がより深いやつです。

 

 

 

しかもですよ。斡旋業と言うからには「商品」の数がそれなりに揃ってないと成立しないと思います。

 

 

大友は商品にされる寸前で石上に救われたけど(それでも荻野にヤられてハメ撮りはされましたが)、商品にされた少女は他にも何人もいたんじゃないの?

 

その子らはいろいろと大丈夫なの?

 

商品と顧客は両方とも今も秀知院に在籍する生徒だったりするの?

 

これって高校生の校内の噂レベルで済む問題ではないのでは?

 

と、今週号読んで思いました。

 

本当に今週は、子安の優しさが輝いている回であると同時に、直接描写はされてないけど荻野のものすごい闇が垣間見えた回で、この両極端に勝手に驚いています。

 

私が「斡旋業」って言葉を大げさに受け止めてるだけなのかなー?

 

 

 

まー、ともあれ、えー、なんとか話を戻して、子安の作戦は卒業式寸前のある日に一気に校内に広まって、生徒たちの石上を見る目が変わりました。

 

噂が広まったのが急であることも違和感を際立たせます。

 

f:id:mogmogfirst:20200924211937j:plain

 

ちなみに「違和感を感じていた」は日本語として間違ってはいません。私だったら避ける表現ではありますが。

 

 

 

戸惑う石上に大仏が寄り添い、これが子安の願いだと明かします。

 

そしてこれは同時に大仏自身の願いでもあって、彼女の胸中を想像するとちょっと切なくて熱いです。

 

f:id:mogmogfirst:20200924212158j:plain

 

 

はたして石上は、子安のこの「卒業生からのメッセージ」を、どう受け止めるのでしょう?

 

あと、子安がここまでして石上に向ける愛は、どんどん恋愛感情とは離れていってるようにも見えます。

 

以下次号!

 

来週は休載じゃないみたいです。良かった。

 

 

 

 

OHM AVマルチリモコン R920N AV-R920N

OHM AVマルチリモコン R920N AV-R920N

  • 発売日: 2015/02/01
  • メディア: エレクトロニクス
 

 

花と蛇3

花と蛇3

  • 発売日: 2019/07/12
  • メディア: Prime Video
 

 

スポンサーリンク