などなどブログログ

漫画の感想や日記などなどを。

マイホームヒーロー感想 かつての敵と手を組んでヤクザどもをまた殺そうよ!

最近のマイホームヒーロー第二部物語の輪郭が結構見えてきた感じで面白いです。

 

 

週刊ヤングマガジン 原作:山川直輝 漫画:朝基まさし 「マイホームヒーロー」

 

 

 

今のジェットコースター感は、第一部のラストあたりの鳥栖哲雄麻取義辰が戦ったあたりとかのポカーンと唖然とする感じじゃなくて、かなりの緊迫感があって読んでて惹きつけられます。

 

 

さて、義辰の死体が見つかって刑事の安元にマークされて(まだ軽くですが)、いつ捕まってもおかしくないと感じてる我らが主人公哲雄。

 

そういう事情を全く知らない娘零花から呑気に「車で送り迎えして」と頼まれて、いきなり、彼女に近づいてきている男たちのうちの二人、金井を引き合わされます。

 

f:id:mogmogfirst:20190227210415j:plain

 

これって、零花からしたらつい最近延人のことがあったばかりだから、父親で牽制して様子見するとか、哲雄にも筋とか誠意を通す気持ちでわざわざ会わせてるような意図を感じて、なんか「しっかりしてる?」って感想です。

 

ちょっと前まではバカでしかなかったのに、男で痛い目にあって成長したのね。

 

 

 

で、この信と金井がすごく面白いというか漫画としていいキャラ。

 

二人とも哲雄の犯罪を知ってる者でした。

 

さらに先に言ってしまうと、零花に近づく他の男の一人、バイト仲間の年下の高校生小沢もなぜか知ってて、結局零花の周りの男は怪しくない奴がいないのが最高です。

 

f:id:mogmogfirst:20190227210432j:plain

 

占い師の紫楽来もめっちゃ怪しい。

 

紫楽来と会った妻歌仙は「どこかで会った?」と思ったようで、ってことは本当に歌仙がどこかで会った人間?

 

f:id:mogmogfirst:20190227210451j:plain

 

第一部に登場した誰かか、あるいは歌仙の実家の手の者か。

 

 

 

さて話を信と金井に戻して、結論から言って、信がヤクザ半グレ組織の工作員「小泉」でした。

 

そして金井のほうは誰から哲雄の犯罪を聞いてたかというと……なんと恭一

 

なるほどね!

 

第二部で恭一いつかまた出るかなあーとは思ってましたが、思ったよりめっちゃ早く再登場しました。

 

 

 

金井は頭は悪いですが、それだけに純粋な正義感のあるまっとうな人間でした。

 

行くあてのなかった旧友の恭一を助け、一連の経緯を聞き零花の存在を知り一目惚れして「助ける!」と猪突猛進して零花に急に近づいたと。

 

しかし。そのせいで組織にも目をつけられてしまい、拉致されて「今後一切零花に近づくな」という拷問を受けてしまいます。

 

場所は前に哲雄が逆さ釣りにされた工場っぽい。

 

f:id:mogmogfirst:20190227210524j:plain

 

拷問の途中で信が組織員だと知ります。信も結構なバカでした。

 

 

 

そして最悪の不運。金井のスマホが鳴って、竹田がそれに出ます。

 

発信者が恭一!

 

組織はこれで金井の事情を察し、ただ脅すだけから必殺の対象になってしまいました。

 

金井は最後の力を振り絞って恭一に信が組織員だと叫び、死亡……!

 

 

f:id:mogmogfirst:20190227210541j:plain

 

 

 

恭一にとっては痛恨の極みです。

 

自分が関わったせいで恩人を死なせたわけで、組織への怒りの限界に達します。

 

自分の人生を賭けて組織を潰すことを決意!

 

あ、でも恭一の母親って今どうなってるんでしょうね?

 

組織に「恭一への制裁」として殺されてたりしませんか?

 

 

 

ともあれ恭一はさっそく行動を開始し、まず最初に連絡した相手が、哲雄!!!

 

おー!

 

f:id:mogmogfirst:20190227210610j:plain

 

恭一にとっては自分をハメた男ですが、その恨みの気持ちはそんなに強くなさそうです。

 

正確にはハメようとしてハメ返されたわけだし、元々自分だって犯罪者ですし。

 

何より今は組織のほうが憎い、と。

 

稼いだ金も奪われましたしね。

 

 

哲雄にとっては金井と接触しようとした矢先に彼が失踪し、そして死んだのを知って、さらに自分が間接的に殺した筈の恭一から電話がかかってきて、驚天動地青天霹靂の連続。

 

マジで心休まる暇がなくて可哀そうです。哲雄。

 

しかし、恭一から有益な情報も得られます。

 

f:id:mogmogfirst:20190227210623j:plain

 

そもそも組織が零花を狙っているのが、歌仙の実家の当主鳥栖郷一郎が勝手に零花を遺産相続人に加えたからだとか。

 

うーむ。異常。

 

なんか横溝正史の小説に出てきそうな昭和初期の田舎の名家みたいです。

 

っていうか実際にそれに近いような家柄なんでしょうね。

 

鳥栖家にもまだいろんなキャラがいそうです。

 

トス・ヨウジって人物が違法な商売してるみたいですし。

 

 

 

あと恭一から組織を潰す作戦も聞き、とりあえず(選択の余地がないこともあって)恭一とは共闘する形になりました。

 

これはなんかいいですね。

 

第一部でも一時的に組んでそしてお互いに殺し合おうとした相手と、また手を組むことになろうとは。

 

私は「恭一は死んだほうが物語としてよかったのに」という感想をもっていたのですが、ちょっと認識を改めます。

 

 

恭一の作戦とは、まずは潜伏先の新潟県警に自首すること!

 

すぐに東京の警視庁に移送されて組織の内部情報を供述することでしょう。

 

組織のほうも、常に網をはってるのかその情報を即座にキャッチして、は組織の一時的な解散をこれまた迅速に宣言。

 

f:id:mogmogfirst:20190227210637j:plain

 

クソ犯罪者ながら、機敏でちょっとかっこいいじゃないか、窪。

 

 

 

 

恭一と組織、そして警察が今度どう戦っていくのか私には想像もつきません。固唾を飲んで続きを待つのみ!

 

楽しみです。

 

 

 

あと途中で気になったのは、金井が住んでたアパートに哲雄が向かったときに、隣人が不気味に覗き込んでたところ。

 

f:id:mogmogfirst:20190227210648j:plain

 

誰???

 

小沢……ではないですよね。彼はまだ高校生でアパートで一人暮らししてるでもなさそうですし。

 

新キャラ?

 

哲雄の周りは怪しい敵だらけ!

 

味方は妻の歌仙と、そして恭一だけ!

 

それでもなんとかピンチを切り抜けて戦い続ける姿を期待しています。

 

頑張れマイホームヒーロー。

 

 

 

マイホームヒーロー(6) (ヤンマガKCスペシャル)

マイホームヒーロー(6) (ヤンマガKCスペシャル)

 

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク