などなどブログログ

漫画の感想や日記などなどを。

かぐや様は告らせたい189話感想 久しぶりの「伊井野オチ」

伊井野は生徒会入りたての頃はよく「オチ担当」になってました。

 

今回は久しぶりにその頃の本領を発揮!

 

あとは「白銀は相変わらずだな~」ってのも感じた回でした。

 

週刊ヤングジャンプ39号 赤坂アカ かぐや様は告らせたい189話 「かぐや様はきかせたい」

 

で、今回は前回に引き続き学年末試験の顛末が語られました。

 

冒頭は石上子安。彼女に褒められて「頑張りました」と面を向かって言うことができて、石上の努力はこの瞬間に報われました。

 

それを聞いて微笑む子安!

 

f:id:mogmogfirst:20200828013814j:plain

 

彼女は石上と付き合う気があるのか無いのか!!!

 

もし彼女がですよ。石上と付き合う気が無いのだとしたらですよ。

 

石上のために大友の誤解を解く作戦を計画したのも、あくまで彼女なりの餞に過ぎないしたらですよ。

 

これから「振る」と決めた相手にこんな表情はしないと思います。

 

ってことは……どうなんだ???

 

もー。本当にこのへんは匂わせてばっかりなんだからー。作者ー。

 

 

 

そこは置いといて、今週の本題は2年生の試験結果です。

 

かぐやが1位!

 

白銀は1位から12位に。

 

f:id:mogmogfirst:20200828013844j:plain

 

白銀は、えーと、1年の2学期期末にかぐやに「試験で勝負しろ」と(顔に謎の絆創膏をつけながら)ふっかけて以来ずっと1位を保ってたけどついに陥落と。

 

f:id:mogmogfirst:20200827140643j:plain

(15巻)

 

 

でも、今はもう1位を取ることに、学業的にも恋愛戦的にも必要性が無いから、試験勉強自体をしてなかったと。なるほど。

 

前回石上の生徒会の仕事を引き受けてたのもそういう経緯だったのですね。

 

 

かぐやのほうはどうだったんでしょうね。

 

彼女が今回も試験勉強1位を狙ってたのなら当然の結果ですが、彼女も白銀と張り合うことをやめてたのだとしたら、それで1位とるなら、彼女の素の知能は白銀よりもずっと上ってことになります。

 

マキもね。あとモブの豊崎もね。

 

 

 

と、ここまでは普通の話。しかしここから柏木が絡むことで話がおかしな方向に飛んでいきます。本当もうこの女は……!

 

f:id:mogmogfirst:20200828013903j:plain

 

柏木はどうもあれですね。エロDVDの回でもそうでしたが、自分の「恋愛の形はこうであるべき」の基準を他人に押し付ける傾向があるみたいです。

 

 

「男が女を射止めるために頑張ってた努力は付き合って以降もずっと続けるべき」とか「キスやセックスの段階や間隔はこうであるべき」みたいなのを結構かぐやに押し付けます。

 

一理はあるけど絶対の価値観ではないです。本人同士が納得してるならどんな形でもいいんだぞ柏木よ。

 

柏木の脳内では「白銀が去勢を張るのをやめた」ってのが「釣った魚に餌をやらなくなった=手を抜くようになった」となるようで。

 

 

 

そして久しぶりの、というか付き合うようになって初めての?恋愛頭脳戦が始まります。軽めの。

 

柏木に触発され、「はたして会長は私のワガママをどれだけ聞いてくれるのか」を試すものの、白銀はことごとくフェアかファールか判定に困る微妙な打球で返します。

 

というかかぐやの投げる球も微妙かな。

 

 

そして最後にかなり直接的な命令!「足をマッサージしろ」!

 

この漫画にしてはアングルが結構きわどいです。

 

f:id:mogmogfirst:20200828013950j:plain

 

かぐや、スカートを手で押さえて隠すのが、かえってそこを強調してしまってます。

 

(でも今の女子高生ってスカートの中はみんな黒パン履くのが普通なんでしたっけ?)

 

 

 

さて。白銀の側からしたら、今日かぐやがやたら命令してくるのは「自分はかぐやに見放されたのでは」と怯えてるのが、彼はこのへんは成長しないなーって思いました。

 

f:id:mogmogfirst:20200828014003j:plain

 

 なんていうか、白銀はかぐやに呆れられたりする妄想を昔からよくするのですが、「おかわいいこと」の頃ならまだしも、晴れてくっついたのにいまだに「かぐやはそんな子じゃないだろ」ってもう分かりそうなことでもズレた妄想して怯えてるのが。

 

でも、まー、今回は、自分が順位ガタ落ちしたのは事実ですしかぐやの態度が分からなくて不安になるのは無理も無いかな。

 

あるいは、「惚れた女に捨てられる恐怖」を父と母から影響受けまくってるからこういう思考に極端になりやすいとか?

 

 

 

かぐやのほうは成長してるように感じます。

 

自分がどういう意図でワガママ言い出したのかすぐに種明かしをするのが、めっちゃ素直。

 

f:id:mogmogfirst:20200828014051j:plain

 

今回こじれずに済んだのはかぐやのこの素直さのおかげです。

 

 

 

 

 

かぐやはワガママのお詫びに今度は自分がマッサージすると。

 

いつぞやのハンドマッサージ回に続く第2弾のフットマッサージ

 

そしてその時と同じ伊井野オチ。

 

感慨深い久しぶりの伊井野オチです!

 

f:id:mogmogfirst:20200828014108j:plain

 

伊井野の視点で考えると、生徒会入りたての頃は、白銀達の人間関係をまだよく知らないのもあって「生徒会はヤリサー」とか勘違いしたものでしたが、今はもうちゃんとみんなのことを理解したから変な誤解をせずに済む筈なのに、出くわす場面がいつも異常だから毎回理解に苦しんでて、可哀想で面白いです。

 

 

これとかね。

f:id:mogmogfirst:20200827230324j:plain

(14巻)

 

素晴らしかったです。

 

 

 

さて。来週も休載らしいです。

 

忙しいのかなあ。

 

【推しの子】との同時連載はやっぱりきついのでしょうか?とか思ってしまいます。

 

 

 

 

 

スポンサーリンク