などなどブログログ

週刊少年ジャンプ「ドクターストーン Dr.STONE」応援しています。その他いろいろ日記や感想などなど。

進撃の巨人感想 ライナーを追い詰めるエレンが超怖くて面白い

別冊少年マガジン進撃の巨人の連載でここ数回で登場した「クルーガーさん」は顔アップになったときに「もしかしてエレン?」と思わせる感じでしたが、やっぱりエレンだと判明したのが前回で、今月号はついに再会してエレンとライナーのやりとりが読んでるこっちの胃が痛くなりそうですごく良かったです。

 

「本当にエレンなの?」と思うくらいの冷静な追い詰め方

 

エレンも大人になったんですねえー。

 

 

 

f:id:mogmogfirst:20171111211657j:plain

 

 

エレンがどうやってマーレ収容区に来てどんな作戦を以って行動してるのか、そもそも壁内の国は今どうなってるのかまだ何も分からない状態ですが、とにかくエレンは区内でライナーと対面することにこうして成功し、彼に向かって淡々と言葉を投げかけます。

 

f:id:mogmogfirst:20171111173859j:plain

 

もうライナー真っ青

 

この時点で完全詰みでライナーは完全敗北でなすすべなしです。

 

ここでお互い巨人になって戦っても例え勝っても区内にいる大勢のエルディア人は死にます

 

もちろんライナーの母親も。

 

かつて自分達がエレンの母親やトロスト区や壁内の無数の人々を虐殺しまくってこうなってることをライナーは痛感せずにいられません。

 

精一杯声を搾り出して「何しにここに来た?」と問うとエレン氏無表情「お前と同じだよ」

 

f:id:mogmogfirst:20171111173813j:plain

 

怖すぎます!

 

ご丁寧にエレンは手のひらに傷を作ってて、銃の安全装置を外してあとは引き金を引くだけの状態だとアピール!

 

f:id:mogmogfirst:20171111173831j:plain

 

まーもちろんエレンが「ここにいるエルディア人を皆殺しにしても構わない」と思っているとはちょっと考えにくいですが、ライナーのほうは「エレンは俺を殺す際に俺がやったことと同じことを報復するのではないか」と怯えるのは当然のことです。

 

 

エレンは大人になって恐らく世界の情勢も把握して、かつて子どもだったライナー達が壁内の人々を虐殺したのは単なる実行犯にすぎないことも承知している様子。

 

でも実行犯なだけだからという理由で許すつもりがあるとはこれも考えにくい。

 

かつてライナーに「お前を殺す」と宣言したエレンの中の怒りの炎がこの4年でもう消えてるってことはさすがにないでしょう。

 

大人なエレンの冷静で無表情な語り口が逆に「宣言通りお前を殺すぞ」という静かで確固たる決意にも見えます。

 

 

ライナーは自殺してたほうがよっぽど楽に死ねたかもしれません。

 

もう彼には大人しくエレンに殺されるか、収容区の人々を犠牲にして巨人化して戦うかの2択しかない感じ(実質選択肢は無し)。

 

昔のすぐ熱くなるエレンに勢いで殺されるより今の冷静なエレンに淡々と(間接的に)死の宣告を下されるほうが精神的な追い詰められ度は桁違いにきつい!

 

f:id:mogmogfirst:20171111173751j:plain

 

 

 

エレン(達)はこの舞台の日にどこまで用意周到に事を仕掛けているのでしょう?

 

 

f:id:mogmogfirst:20171111174905j:plain

 

ライナーは知らないけど私たち読者は、舞台で世界の真相を語るのに異様に緊張しているタイバー公、なんかスパイを察知してるっぽいマガト隊長、思わせぶりなヒィズル国(ミカサのルーツ?)のキヨミ・アズマビトの一族、どこかと電話してたジーク、落とし穴に隔離されたポルコ、隔離される前パンツァー隊と何かを交わしたピーク、「平和の反逆者」と名指しされても平然としているエレン、ここ2,3話だけですごい量の情報を与えられていて、これらのうちのどこからどこまでがエレン達が噛んでいることなのかまだ全然わからない状況。

 

めっちゃくちゃ続きが気になります。

 

まだ登場してないアルミンミカサハンジリヴァイ達も収容区にもう来ている?

 

女型も含め全ての巨人が今この舞台に集結してたら超熱いんだけどなあー。

 

 

進撃の巨人は今月で通算99話ですが、今までで一番面白いかもしれない。

 

来月の第100話が楽しみです。

 

 ライナーはどうなるのか(どう死ぬのか)!?

 

 

別冊少年マガジン 2017年12月号 [2017年11月9日発売] [雑誌]

別冊少年マガジン 2017年12月号 [2017年11月9日発売] [雑誌]

 

 

 

スポンサーリンク