などなどブログログ

漫画の感想や日記などなどを。

ようかんの「小倉」と「煉」に違いなんて無い!

羊羹食べることってありますか?

 

私は時々食べます。透明なパッケに密封されてて結構長期保存できるやつ。おいしいです。素晴らしい食べ物です。

 

ただ、これには「小倉」「煉(本煉)」という種類があるのですが、そこに違いなんて(大して)無いってことを今回ブログ書きたくなりました。

 

「何が違うねん!」と。

 

今回比べてみたのは2社のメーカーのを2種類ずつ。

 

 

金城の「小倉ようかん」「煉ようかん」と。

 

 

ヤマザキの「ようかん小倉」「ようかん本煉」です。

 

 

さて。「小倉と煉は何が違うのか?」をぐぐってみると「小倉はつぶあん、煉はこしあん」というのが多く出てくる検索結果かと思います。

 

また、水分が多くてゼリーに近くて賞味期限が短いのが小倉、固くて賞味期限が長いのが煉、という検索結果も出てきます。

 

しかしそれは、どこかのメーカーが、誰かが、そう言ってるだけのものの曖昧な集積体なだけであって、基準化されてる明確な違いなんてのは存在しません!

 

だって私が実際食べたこの4つがそうだったんだもん。

 

 

 

まずは金城の。

 

 

どっちもおいしかったです!

 

でも私はこの2つの、味とか食感とか香りとか、違いは何も分かりませんでした。

 

どっちも同じです。

 

色が違うだけだとしか感じませんでした。

 

 

つぶあんとこしあんの違いなのかというと、そうでもありません。

 

強い光を当てれば透けて見えます。

 

 

どっちにも普通に同じくらい粒餡が入ってます!

 

同じです!この2つは!

 

 

 

そしてヤマザキの。

 

これもどっちもおいしかったです。

 

 

こっちは透かすと、小倉にだけほんの少しつぶあんが入ってるのが分かります。

 

本煉のほうには入ってません。

 

 

しかし両方同時に実食してみると。

 

 

つぶあん以外はどっちも全く同じに感じました。またもや。

 

味も食感も香りも、色も。何もかもが。本煉のほうに「こしあんの感じ」とかも全く無かったし。

 

 

 

金城の違いは色。ヤマザキの違いはつぶあん入ってるか入ってないか。

 

結局メーカーごとに違ってる点が違ってるんです。

 

特に金城、色以外に何が違うのか教えてほしいです。

 

(メーカーのサイト見ても情報無し)

 

 

というわけで結論。

 

ようかんの「小倉」と「煉」は何が違うのか全く決まってなくて、メーカーや誰かがそれぞれ独自に言ってるだけ!です!

 

 

あ、ようかんそのものは違いがなんだろうと、とてもおいしくて素晴らしい食べ物であることは変わりませんが。

 

 

 

 

 

スポンサーリンク