などなどブログログ

漫画の感想や日記などなどを。

ドクターストーン56話感想 マグマの駄目さとゲンの良さ 〔Dr.STONE〕

週刊少年ジャンプ Dr.STONE Z=56 「THE TREASURE」

 

千空マグマ和解話は、前回だけではその筋道が不可解で素直に「いい話」とは受け止められなかったので、今週なにかフォローがあって説得力が上がるのを期待してたけどそれもなくて、結局全体的に残念な出来でした。

 

 

 

今週のジャンプは連休の変則で水曜日に発売。

 

それで本来水曜日発売のマガジンサンデーは休刊と。

 

なんか変な感じでした。

 

いつの日か、ジャンプ、マガジン、サンデー、チャンピオン4誌が同時に発売するなんて出来事があったら面白いのになあー。

 

売る側は大変でしょうけど!

 

 

 

さて今週の話ですが、マグマの改心というか千空たちを認めるに至るまでの心理の変化が全然分かりませんでした。

 

彼が洞窟探検隊に指名された時点では探検途中で千空を殺そうと思ってたのか、内心ではとっくに千空を認めてたのかすらよく分からない始末。

 

f:id:mogmogfirst:20180503195605j:plain

 

たぶん後者なんでしょうけど、それだと今週語ってる「俺は今日テメーらを殺すつもりだった!」ってのが本心ではなくただの虚勢ってことになります。

 

こういうときこそ本音で語り合うシーンにしなきゃ駄目でしょう。

 

逆に仮に、本当に千空を殺すつもりだったけど、千空が穴に転落しそうになってるのを見てとっさについ助けてしまったのだとしたら、これって全然マグマのキャラじゃないです。

 

ゲンを実際に殺人未遂して、御前試合ではスイカを誘拐し、金狼クロムを卑怯にボコって喜んでたのがマグマなわけで、ここでいきなり「実はいいやつ」になって都合のいいキャラ変節を起こしてしまっています。

 

どう好意的に解釈しようとしてもマグマが千空を認めるようになる経緯に無理が生じてます。

 

 

ジャンプ漫画の悪いところが出てしまったって感じです。

 

「悪人が改心して仲間になる」は熱い展開として定番の「いい話」ですが、その経緯がしっかりしてないと陳腐な茶番になりがちです。

 

まー、「いい話なんだから細かいことはいいだろうが」っていうのもある意味少年漫画のお約束というか作法というか真理でもあります。

 

悩ましいところです。

 

 

 

あとついでにもう一つ細かいところを言えば、千空とクロムとマグマは喋り方が同じで結構ワンパです。

 

3人とも二人称が「テメー」ですし。

 

「あ゛ー」とか「100億」とか「ヤベー」とか「ムハハハ」とかの表面的な口癖だけで個性化されてる印象が強いです。

 

 

 

洞窟探検は無事に成功。

 

f:id:mogmogfirst:20180503195645j:plain

 

「ケータイ」の材料は、これで大いに進歩したけどまだまだでしょうか。

 

ロードマップにはプラスチックや基板がまだ必要ってありました。

 

 

 

そして今週の話の後半は千空のサプライズ誕パでした。

 

千空の誕生日が1月4日だそうで。(そして身長は171.4cmで、ジャンプ19作品では高いほうで意外でした)

 

f:id:mogmogfirst:20180503195737j:plain

 

(呪術廻戦とアクタージュは生き残れるか!?)

 

 

マグマが前回ゲンに何か囁いていたのは、「もうすぐ千空ちゃんの誕生日だからそれまでに帰ってきてね」ってことでした。

 

んー、ということは、マグマはそれを守る気でいたから、やっぱりこの時点で千空を認めてたってことで、ゲンも「マグマちゃんはもう千空ちゃんを殺そうとはしない」と確信を得てるからこう言ってるってことなんでしょうかねえー?

 

 

石上村の住人は「今日は何月何日」とかいう太陽暦の概念はあるんでしょうか?

 

f:id:mogmogfirst:20180503195822j:plain

 

村は3700年の間に文明が退化して文字すら失ってるんだけど、文字はなくても暦はある…のかな。

 

 

 

 

 

誕生日を祝おうというのはゲンの計らいでした。

 

今週は不満点も大きい話でしたが、ゲンの心意気は読後感がよかったです。

 

「かつての敵が仲間になる!」なんて派手なのより、こういうさりげない心意気のほうが胸を打ちます。

 

千空が理系のできる男なら、ゲンは文系のできる男って感じです。

 

そして、なんかゲンは、前にも花言葉を意識したり、誰かの誕生日を積極的に祝うとかどこか精神的に乙女な部分がありますね。

 

いや、メンタリストってことだから女心をマメに掴むために自然に身につけた習慣なのかもしれません。

 

 

そして千空の誕生日をつきとめたのは、ゲンの持つ文系と理系の技能の合わせ技でした。

 

f:id:mogmogfirst:20180503195846j:plain

 

千空の石化の解けた日時と、彼が生きてきた日数6268日って判断材料があれば誕生日確かに分かりますね。

 

計算めんどくさそうだけど!

 

しかしそういうのをせっせとやって人の心を掴んでこそメンタリストってことなのでしょう。

 

そしてゲンは千空へのこういう誕プレ企画を、打算もあるんでしょうけど、それよりも「損得抜きでただ好きだから」っていう真心で動いてるのがよかったです。

 

f:id:mogmogfirst:20180503195909j:plain

 

ここは本音で語ってるんだろうなあーと素直に伝わってきます。

 

そしてそんなゲンに「気持ち悪い」と憎まれ口を叩く千空ですが、しかし千空こそこの漫画で誰よりも甘い情の男なんですよね。

 

そこは千空というかこの漫画の長所です。

 

 

本当に今週は、マグマのキャラクターとしての駄目なところゲンの良いところが両極端に際立ってました。

 

 

 

 

 

次のジャンプは2週間後の5月14日!

 

次回へ続く!

 

 

Dr.STONE 5 (ジャンプコミックス)

Dr.STONE 5 (ジャンプコミックス)

 

 

スポンサーリンク