などなどブログログ

漫画の感想や日記などなどを。

かぐや様は告らせたい126話感想 ついにこの日がやってきた

かぐや様の文化祭編、もうどれくらい続いてましたっけ?半年くらい?

 

長い長い物語でしたが、ついに文化祭編の、というかこの漫画そのものの一つの決着が今回つきました!

 

おーすごいやったね!

 

週刊ヤングジャンプ 赤坂アカ かぐや様は告らせたい125話 「「二つの告白」後編」

 

 

まずは前回白銀が披露した風船の仕掛け、名付けて「ウルトラロマンティック作戦」の経緯が明かされました。

 

白銀一家が固唾を飲んでモニター見てるのはアメリカスタンフォード大学の合格発表でしょうか?

 

f:id:mogmogfirst:20190201024538j:plain

 

海外留学が決定したときからこの作戦は始まってました。

 

そしてこれまでの文化祭準備に出てきた数々の要素からひねり出したのが、怪盗に扮して邪魔者(主に藤原)を排除してかぐやだけを屋上に誘って風船とキャンプファイヤーを利用した演出で「大量のハートを贈る」作戦。

 

f:id:mogmogfirst:20190201024600j:plain

 

さらに白銀は去年1年生のころの回想に浸ります。

 

でも回想といっても、そのエピソードはまだ発表されていません。まーいずれ描かれるみたいです。

 

あと白銀が自分からかぐやに告白できない理由も語られますが、これはなんか、モンスター童貞が怖気づいて言い訳してるように見えなくもないです。

 

f:id:mogmogfirst:20190201024613j:plain

 

 

しかしまー、この作戦は大成功で、かぐやが嬉しそうにしています。

 

かつて(柏木の彼氏)にトンチンカンな恋愛アドバイスをしていた白銀とは別人のようです。

 

 

こんな手の込んだことをわざわざしたのか何故かかぐやが尋ねます。

 

そして真意を答える白銀。

 

「俺と一緒にアメリカに来い」

 

f:id:mogmogfirst:20190201024639j:plain

 

一世一代の大告白!いや!告白ではない!でも好きとか付き合ってくれとかいう恋の告白より数段重大な告白!こりゃもうなんだ!告白なのか!違うのか!

 

 

それに、白銀あんたそんなこと考えてたの?

 

これまで漫画では白銀は留学を決意してからいろんなモノローグを読者に語ってきましたが、そんなことを考えてるなんておくびにも出していませんでした。

 

私もかなり意表を突かれました。

 

読み返してみても、白銀は卒業で離れ離れになる覚悟をしていたようにも見えますので、まー、彼自身いろいろ揺れ動いてたのだと思います。

 

 

かぐやの返事はもちろんOK

 

f:id:mogmogfirst:20190201024710j:plain

 

これは、本当、もう、アレですね。

 

決着です。

 

 

かぐやの側からしたら、白銀がアメリカ留学することをついさっきいきなり聞かされたばかりなので、自分の進路をこの数時間…というか今白銀に言われて数秒で決断しちゃったことになります。

 

 青春恋愛ものって感じがすごくします。

 

最後は万感のチュー

 

f:id:mogmogfirst:20190201024730j:plain

 

重ねた唇は風船で隠す演出でした。

 

そこは隠さず描いてもよかったんじゃないかとも思いますが、隠すのもそれもまた演出。

 

この見開きシーンはアニメだったらいつものあの音楽が流れる瞬間です。アニメ視聴してる人には分かると思います!

 

 

 

 

 

いや本当決着です。

 

かといって少年ジャンプラブコメみたいに「くっついたら連載終了」なわけはなく全体の物語はこの二人以外にも伊井野石上にも決着のついてないことは多いのでまだまだ続くと思いますが。

 

 

かなり前にかなり先に「早坂のサポート」という新キャラが登場する前振りのようなものがあったのが印象に残ってますし。

 

f:id:mogmogfirst:20190201025343j:plain

(98話) 

 

まだまだ終わらなそうです。

 

これもうひょっとしたらこの「かぐや様は告らせたい」は第一部完になって、違うタイトルに変わってリニューアル第二部新連載になるくらいのこともあるんじゃないでしょうかね?

 

それともこのタイトルのままで続けるかな?

 

 

それと、前回の感想ブログでも書きましたが、この話を今の時期にもってきたタイミングもすごいです。

 

アニメは好評なほうなようで、その連動力の効果すごかったりするでしょうか。

 

アニメで初めてこの作品を気に入った視聴者は原作単行本を買って、13巻のラスト131話(雑誌連載では121話)を読んで、さらに雑誌でここ2,3話を読んで全部を一気読みしてどんな感想を持つでしょう。

 

(121話)

 

テンション大いに盛り上がるかもしれません。

 

見事な演出です。

 

 

かぐや様とは全く関係ないことなのですが、今週号のヤングジャンプは、ゴールデンカムイでついに杉下とアシリパが再会できて、私にとってはその2作品の熱いシーンの連動力で読んだときすごい感無量でした!

 

スナックバス江ではタツ兄の健康が相変わらず心配でしたが。

 

かぐや様は告らせたい?天才たちの恋愛頭脳戦? 13 (ヤングジャンプコミックスDIGITAL)

かぐや様は告らせたい?天才たちの恋愛頭脳戦? 13 (ヤングジャンプコミックスDIGITAL)

 

 

 

FEEDBACK SPORTS(フィードバックスポーツ) Portable Bike Trainer

FEEDBACK SPORTS(フィードバックスポーツ) Portable Bike Trainer

 

 

 

スポンサーリンク