などなどブログログ

漫画の感想や日記などなどを。

かぐや様は告らせたい161話感想 今週、一番悪いのは警察だ~

今週のかぐや様はたまにある他愛のない単発ネタ回で、この作品にはなくてはならないものです。

 

いやホンマ毎週全力疾走だと作者も読者も疲れますから。

 

週刊ヤングジャンプ 赤坂アカ かぐや様は告らせたい161話 「TG部を語りたい」

 

 

 

箸休め回です箸休め。緩急の緩です。

 

いや、まー、今週のネタは「笑ったか」と問われたら「はい」とは答えないってのがありのままの感想なんですけども。

 

でも「つまんなかった」とまでは言いません。

 

しらけたわけでも不愉快になったわけでもありませんし。

 

 

 

今週は要するに「すれ違いコント」でした。

 

世の中的にはアンジャッシュがその第一人者でしょうか。

 

漫画ではみつどもえでこういうネタ多かった印象があります。

 

作者赤坂アカにとっても今週号の執筆はネーム切るというよりコント台本を書いてるような作業だったことでしょう。

 

マスメディア部紀かれんテーブルゲーム部のゲーム製作作業をいかがわしい反社活動と勘違いするわけですが、「マス(大衆)を作り直す」とかネタとしてはかなり強引で完成度は低かったかと。

 

f:id:mogmogfirst:20191206172758j:plain

 

過去にあった「何かの分野のネタを突発的にやる回」ではラップとかは完成度高かったんですけどね。

 

こないだの伊井野のポエムも素晴らしかったし。

 

なので、今週はいまいちに感じたのは正直なところですが、だからって「こういう回はいらない」とは言いたくないんですよねえー。

 

それにこれはあくまで「私にとっては」で、他の多くの読者にはヒットしてるかもしれませんし。

 

 

 

えー、さて。今回はまた冬休みの回想編に戻って、かれんが主人公の話でした。

 

 まさに「かぐや様を語りたい」で普段かれんとエリカがやってるようなことを、本家が18ページかけて描いたって感じです。

 

6巻にあったTG部謹製すごろく回の後日談を「語りたい」でやったのを、そのさらに後日談を今回本家で扱うと。

 

「本家と語りたいは連動してますよ!」っていうアピール回でもありますね。

 

そういや「かぐや様を語りたい」も、もう一つのスピンオフ「かぐや様は告らせたい同人版」も重版かかるほど売れてるらしいです。すごい。

 

 

 

TG部のメンバーはマッキーセンハイこと槇原こずえと、メガ子(元ギガ子で元テラ子)と、我らが藤原千花の三人だけの零細部活。

 

f:id:mogmogfirst:20191206172827j:plain

 

一年の槇原が部長で、三年のメガ子が一番下っ端っぽい謎の組織構成ですし、彼女らの呼び方も謎ですし、メガ子は本名すら謎で、謎だらけの部活です。

 

メガ子はそのうちキロ子に降格されるのでしょうか。

 

でもテーブルゲームにまつわる活動は意外にもまっとうで、ちゃんとしたすごろくの製品製作が今回の合宿の主な目的。

 

人生ゲームみたいなコマをせっせと手作りしています。

 

槇原ならこんなのは3Dプリンターで一発であっさり作っちゃいそうな印象ですが、今回は三人で合宿気分を味わうことも目的の一つなのでしょう。

 

そこへかれんが電話をかけてきて、彼女らの活動を問いただします。

 

f:id:mogmogfirst:20191206172905j:plain

 

かれんはTG部を訝しんでるって設定なんでしたっけ?

 

 

あとは上に書いたようにすれ違いコントです。

 

しまいには警察沙汰になってしまいました。

 

f:id:mogmogfirst:20191206172851j:plain

 

やってきた警察官がかなりガチな感じで描かれてるのが面白かったです。

 

 

 

しかしまー、かれんはこういうキャラ設定だから、勘違いをしやくて暴走しやすいから、今回みたいなすれ違いがおきてもおかしくはないのかな。

 

彼女には落ち度は、比較的、無いです。比較的。

 

ネタにマジレスするのも無粋の極みですが、今回の騒動を真面目に考えたら、かれんからの通報を受けた警察の電話オペレーターが一番悪いです!

 

だって、オペレーターが電話口のかれんを落ち着かせて事実確認をちょっとしたら、勘違いだってすぐに分かることですしー。

 

あ、いや、こんなマジレスする私自身が一番つまんないですね。

 

それに警察批判っぽくなっちゃってるのもまずい。

 

その警察官はあくまでフィクションであり実在する警察官ではありません。

 

 

 

あとは今週は、面白かった小ネタいくつかありました。

 

槇原のかれんからの着信画面が、の絵と「カプ厨」呼ばわりなところとか。

 

f:id:mogmogfirst:20191206172940j:plain

 

かれんが「六つの穴に棒が入らない」と聞いて動揺するところとか。

 

f:id:mogmogfirst:20191206172951j:plain

 

穴の数が二つでも三つでもなく六つとなると……なんかもう想像のしようがありません!

 

かぐや様は告らせたい~天才たちの恋愛頭脳戦~(17): ヤングジャンプコミックス

かぐや様は告らせたい~天才たちの恋愛頭脳戦~(17): ヤングジャンプコミックス

  • 作者:赤坂アカ
  • 出版社/メーカー: 集英社
  • 発売日: 2020/01/17
  • メディア: コミック
 

 

 

 

娘じゃなくて私が好きなの!? (電撃文庫)

娘じゃなくて私が好きなの!? (電撃文庫)

  • 作者:望 公太
  • 出版社/メーカー: KADOKAWA
  • 発売日: 2019/12/10
  • メディア: 文庫
 

 

 

スポンサーリンク