などなどブログログ

漫画の感想や日記などなどを。

進撃の巨人114話感想 俺なんか生まれてこなければよかった

今月の進撃の巨人は主にジークの回想でした。

 

先月号のラストシーンに出たクサヴァーさんはジークの「恩師」であり、ジークの自己の形成に強く影響を与えた人でした。

 

アーキタイプとかゼルプストっていうやつでしょうか?

 

心理学の専門用語をあんまり意味も分からないまま知ったかぶって使いたいだけの私です。

 

 

 

 

ジークの半生はこれまでにほぼ明かされています。

 

グリシャダイナの子で、生まれたときから反マーレのレジスタンスの両親から洗脳教育を受けるも、逆に両親をマーレに売って、マーレ軍の巨人の戦士の地位を手に入れた人。

 

その後はパラディ島壁内でも、マーレ収用区&軍港でも、両者の人々をめっちゃ大量の大虐殺もしくは加担してきました。

 

彼の目的や理屈はこれまでに結構語られたものの、何が本心なのかは全然分からず胡散臭い人でしたが、今月でやっと彼の原型が見えた……のでしょうかね?

 

これまでジークの行動は今月明かされた本心に照らして振り返ると一応筋が通ってるようには見えます。善悪とか是非とかはおいといて。

 

 

今月号を読んだ最初の感想は、「グリシャやっぱりちょっとひどいなあー」でした。

 

グリシャは地下室に残した手記に自分でも「愚かだった」みたいに書いてましたが、息子ジークから見てもやっぱりひどい親でした。

 

 

 

マーレ人から差別されているエルディア人(ユミルの民)として生まれたジーク。

 

ただ差別とは言いましたが、人類にとってユミルの民は実際に「危険」「脅威」であり、もし私でもすぐ近くにユミルの民が住んでたら、というか絶対近くに住みたくないです。

 

「巨人化」という爆弾しょって歩いてる人が隣にいたら嫌すぎます。

 

f:id:mogmogfirst:20190212225711j:plain

 

100年前の巨人大戦の敗戦国エルディア帝国の、島に引きこもらなかった残留エルディア人、巨人化する手段を奪い首輪をつけさせて柵に閉じ込めて、じわじわ迫害して数を減らしていくのが一番無難な策でしょうかねえー。民族淘汰。

 

皆殺しにしなかったのは「いざというときマーレ軍の手駒の巨人兵にできる」からでしたっけ?

 

その力でマーレ国は強くなり、結局かつてのエルディア帝国のように全世界から嫌われて、そして巨人の兵力の時代も終わりつつある今、いよいよユミルの民は全世界の用無しの有害人類でしかない、と。

 

でもマーレにとってはまだもうちょっと巨人は必要です。

 

巨人抜きでの軍事力では他国に劣ってるから、追いつくまでの時間稼ぎに巨人は必要。

 

マーレにとって巨人は厄介者で、嫌われ(るべき)者で、でも都合のいい手駒。

 

逆にユミルの民のエルディア復権派にとっては、一方的に迫害されて搾取されて家畜扱いされて先細りに滅ぼされるなんてたまったもんじゃないです。

 

両者の板挟みにされてきたのが、幼いジークでした。

 

祖父母からはマーレの洗脳、父母からは復権派の洗脳、かわるがわる受けさせられてその都度相手が期待する返事をして、すごく「いい子」のジーク少年。

 

それにしては、マーレ軍の戦士候補生の訓練、祖父母も父母も両方がジークに望むことなのですが、全然やる気が出なくていい成績が出せません。

 

その気持ちを唯一理解してくれたのが、先代獣の巨人トム・クサヴァー

 

f:id:mogmogfirst:20190212225742j:plain

 

 巨人学の研究者で、ジークのメガネをかけてます。

 

 彼とのキャッチボールやちょっとした会話だけでもジークの心が救われます。

 

逆に言えばそんなコミュニケーションすらもグリシャからはしてもらえてないってことで、グリシャはジークの話を聞こうともせず口を開けば復権復権。

 

ジークの候補生の成績が悪いことに失望してる様子を隠そうともしません。

 

だめだこりゃ!

 

かつてジークがエレンに「俺達はあの父親の被害者」だと言ったのも納得というものです。

 

 

 ジークとクサヴァーさんは立脚点は違いますが戦争とか戦士とかをアホらしいと思ってる点では一致してて、彼との会話のおかげでジークは「親から幻滅されても戦士になれなくても冴えない人生でも生きてさえいればいい」と思えるようになったのですが、そんな矢先に、両親のレジスタンス活動がマーレ当局に突き止められつつある情報を入手します。

 

f:id:mogmogfirst:20190212225823j:plain

 

ホントもうこりゃだめです。

 

どうしようもない八方ふさがり。

 

ジーク少年の苦悩は計り知れません。

 

なのにグリシャは復権派思想に取りつかれててジークの話なんか聞く耳を持ちません。

 

 

泣きついたクサヴァーさんが唯一の解決策(救い)として提案してくれたのが両親の告発、と。

 

なるほど。

 

f:id:mogmogfirst:20190212225846j:plain

 

今月号以前の話ではジークが両親を裏切ったという印象が強めでした。

 

それでいてその後反マーレ義勇兵を作ってエレンと組んで何がしたいのかいまいち不明瞭でしたが、今月号の話でようやく一貫した真意らしきものが見えました。ジークの。

 

 ジークがグリシャとダイナを告発したのも、そりゃーするわって思いました。

 

 

その後ジークは成長し、クサヴァーさんの獣の巨人の後継者に決まりつつある感じになって、余命少ない彼とキャッチボール楽しむ時間を噛みしめています。

 

そんなときにふと漏れたジークの本音が「僕らは生まれてこなければ苦しますにすんだ」というもの。

 

あー。

 

これって、かつてはエレンもライナーも一度は思ったことでしたよね。

 

「俺なんか生まれてこなければよかった」みたいなこと言ってたと思います。

 

ユミルの民の巨人の原罪のようなものでしょうか。

 

そしてクサヴァーさんもそう思っていました。

 

彼はエルディア人であることを隠してマーレ人の女と子どもを作り、バレて妻は息子と無理心中したという壮絶な過去を持ってました。

 

このへんの絵の演出、すごいです。

 

f:id:mogmogfirst:20190212225936j:plain

 

回想の妻と息子の血だまりが、今キャッチボールしてるボールにべったりしみ付いてます。

 

それどころか死体が目の前に転がってます。

 

クサヴァーさんにとっては今でも目の前から消えない光景ってことなのでしょう。

 

マーレ人がいかにエルディア人を汚らわしいと思ってるかもすごく伝わります。

 

 

 

 

それを聞いてジークは「始祖の力を使って、ユミルの民をみんなもう子どもが生まれない体に改造する」って決意を固めました。

 

これがおそらくジークの根底にある真意。

 

民族ぐるみに行う究極の強制不妊手術!

 

そしたらもう苦悩する子どもなんていなくなります。

 

そりゃそうです。子どもをいなくするんですから。

 

 

ユミルの民は生きてたって差別されて戦争に利用されていいことなんかなにもないんだから、もう子供が生まれないようにするのが一番と。

 

究極の民族浄化というか究極の自殺というか。まー安楽死と。

 

現実の社会でも同様の問題はいろいろありますが、ひとつ違うのは、現実の被差別民族や少数弱者はただ生まれが違うだけでそうでない者と何も変わらないのに対し、ユミルの民は実際に巨人になってしまうという愕然たる脅威があります。

 

繰り返しますが私だったら自分の生きる社会にユミルの民みたいな人がすぐ近くにいたら恐ろしくてたまりません。

 

 

もし始祖の力でユミルの民を自由に改造手術できるならそもそも「巨人にならなくする」のも可能なんじゃないかって気もしましが、たぶんそれでは全世界の人々は「あ~、エルディア人はもう絶対に巨人になることはないのか!ならもう安心だね!」とは思わないでしょう。

 

うーん、ジークの思想は今の時点では私は「そんなの究極の差別だ」とか「間違ってる」とか否定しきれません。

 

むじゅかひい。

 

 

 

今のエレンはジークのこの真意を知ってるんでしょうかね?

 

奴隷や家畜を憎むエレンはジークの「民族のおだやかな自殺」に同意するとはちょっと考えにくいですが。

 

 

 

 回想終わって、場面は現状に。

 

リヴァイ雷槍で磔にされて荷馬車が行きます。処刑されに。

 

かつてリヴァイが「ジークは俺が必ず殺す」とエルヴィンに誓ったように、ジークもクサヴァーさんに誓ってました。

 

「エルディアを安楽死させる」と。

 

そのワードのみを聞いたリヴァイが反応します。

 

f:id:mogmogfirst:20190212230038j:plain

 

リヴァイにとってはその言葉は、ジークの真意なんか知る筈もなく、意味不明なそして自分勝手な妄言です。

 

怒り冷めやらぬって感じのリヴァイはまたジークの足をなます切りにして痛めつけようと、したその瞬間。

 

ジークは「クサヴァーさん見ててくれよ!」と叫んで自ら信管を引き抜いて自爆

 

リヴァイは「ゾク」と反応してて、これは前にザックレー総統が爆殺される直前にミカサが超絶反応をしてたのと同じような感じなので、アッカーマンの能力で、リヴァイは無事かもしくは致命傷は避けられてるとは思いますが、しかし爆発で吹っ飛んでる彼は手足がいくつかなくなってるようにも見えます。

 

f:id:mogmogfirst:20190212230143j:plain

 

どうなったんだ!大丈夫なのかリヴァイ!

 

 

先月号では私は気づきませんでしたが、よく考えたらこの雷鎗の磔は、ジークにとって大した枷になってなかったのかもしれませんね。

 

結果論ですが、リヴァイはこんな磔装置つけないほうがよかったのかも。

 

ジークは爆発で上下に真っ二つになってますが、こんなのは彼にとって屁でもない?

 

 

リヴァイはもう動けなくなり、ジークはズタボロになってもエレンとの待ち合わせに行けるようになったってことなんでしょうかね?

 

 

エレン、あとピクシスピークはどう動くのか気になってしょうがないです。

 

 

 

進撃の巨人(27) (講談社コミックス)

進撃の巨人(27) (講談社コミックス)

 

 

 

両面エンボス お好み焼き・ホットケーキパン 25739

両面エンボス お好み焼き・ホットケーキパン 25739

 

 

 

 

スポンサーリンク