などなどブログログ

週刊少年ジャンプ「ドクターストーン Dr.STONE」応援しています。その他いろいろ日記や感想などなど。

アクセス少ないブログ記事を消すメリットって本当にあるの?

ブログ運営についてのブログを読むと「人気のない記事は消したほうがいい」ってのをよく見かけます。

 

でも私はどうもそれに半信半疑で、自分自身がブログやってる感覚の上では全然そんな気がしなくて、なんか疑問なんです。

 

人によって消したほうがいい場合と、消す必要がない場合とかに分かれたりとかはしないでしょうか?

 

 

 

私はブログ始めて1年過ぎて、日々のアクセスは2000~4000PVって感じです。

 

今月は97000PV。

 

これがブロガーとしてどれくらいのレベルなのかは分かりません。

 

アクセスが伸びてるのかは、アクセス多い日と少ない日の差がありすぎてわかりにくいんですが、以前は「一日2000いけば上出来」だったのがいつの間にか「2000いかない日はまずなくなった」になったので緩やかに向上はしてると思っています。

 

400記事くらい投稿して、毎日100PV以上アクセスがある記事が何個かできて、毎日5PVくらいの記事ならたぶん200記事以上はあります。

 

で、もっとアクセスが少ないのは一日1PVだったり、さらには週に1PVだったりする雑魚記事もあるのだと思います。

 

完全にアクセスが0な記事なら消しちゃってもいいというのなら分かります。

 

でも週に1PVの記事まで消してしまったほうがいいんでしょうか???

 

週に1PVはプラスになってるんだから、消したらそれがなくなるんだから、消すメリットないんじゃないの?ってつい思ってしまいます。

 

そこでよく聞く「消したほうがいい根拠」はCEO評価で、アクセスが少ない記事を多く抱えてると評価が落ちて検索順位のランクが下がるというやつですが、これがどうも「本当なの~?」となんか半信半疑になります。

 

 

例えば私のブログでアクセスが最も多い記事は漫画「かぐや様は告らせたい」の感想記事なんですが、今の時点で「かぐや様は告らせたい」で検索したら1ページ目によく表示されるようになってるんですが、もし、これが、ブログ内のアクセスのない雑魚記事を消したら、もっと上がるんでしょうか?

 

もっと上を狙えるかくらいになるのでしょうかと。

 

どうしてもそうなりそうな感覚が湧かない…。

 

かぐや様以外にもいくつかの漫画のタイトルでも「漫画のタイトル+「感想」」とかの2語検索でも、他の雑記での関連ワードとかでも、検索の1位から30位くらいの上位になってくれてるクエリはかなり増えたんですけど、これらも、雑魚記事を消したら、みんな都合よく上がってくれる…という気がどうもしません。

 

毎日3000PV以上になったりするのかなあーと。

 

現に、他の人のブログだと「消したらアクセス減った」という例も見かけました。

 

やっぱり人によって違う?

 

私のブログだとどっちなのか。全然分かりません…。

 

半信半疑な一方で、私なんかよりずっとブログ上級者が言ってることだから、そうなんだろうという印象もあったりします。

 

まー残す必要性も低いんですけど。

 

 

 

 

 

スポンサーリンク