などなどブログログ

週刊少年ジャンプ「ドクターストーン Dr.STONE」応援しています。その他いろいろ日記や感想などなど。

シンサレート手袋は防寒は優れてるけど決して防水手袋ではない

最近寒いので分厚い防寒手袋を使ってます。

 

私は日常生活でも運動でも自転車(クロスバイク)をよく使うので手袋は必須です。

 

 

ここ最近の寒波は軍手にちょっと毛が生えたって感じの手袋ではかなりきついので、本格的な防寒手袋を使います。

 

f:id:mogmogfirst:20180113191307j:plain

 

ダイソーで540円で買った「シンサレート手袋」です。

 

外は黒のポリエステルで、中綿はシンサレートという素材がけっこう分厚く詰まってます。

 

なかなかの防寒性能です。

 

分厚いですが自転車のハンドルは握れます。

 

 

 

シンサレートとは3Mが開発した断熱素材です。

 

Thin(薄くて)Insulate(断熱する)素材だとか。

 

「あったかくて軽い」のが売りだそうです。

 

 

ダイソーのこれは他のシンサレート手袋よりかなり安いです。

 

黒一色で無骨で縫製も洗練されてないのでそのへんが安さの理由でしょうけど、3Mのタグがあるんだから安くても中身のシンサレートはきっとしっかりしているのだと思います。

 

(そうじゃなかったら詐欺だ)

 

 

 

 

この手袋つけて除雪作業したことがありました。

 

冷たいスコップを握っても平気だったのでやっぱり防寒性能はなかなかのものだと思います。

 

しかし作業中に水たまりになっているところにうっかり指を突っ込んでしまったら、内部の綿まで一瞬であっという間に水を吸ってしまいました。

 

この手袋は防水機能は全くありません

 

そのことは理解してるつもりでしたが、雪とかスコップの冷たさはちゃんと防いでくれてたのでつい油断して水につけてしまった…。

 

表面のポリエステルに防水スプレーをしていたので、防雪性防滴性もそこそこあったことも油断を招いた理由かも。

 

痛恨のマヌケミスでした。

 

そのあとはストーブの前に置いてもなかなか乾いてくれませんでした。

 

 

 

 

このシンサレート手袋の上にさらにつけられる4Lとか5Lくらいの巨大なゴム手袋があれば防水も完璧にできるんだけどなあー。

 

 

 

 あ、もちろん世の中には防寒でもあり防水でもあるシンサレート手袋もちゃんと存在しているようです。

 

540円では買えませんが。

 

 

 

スポンサーリンク