読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

などなどブログログ

「ドクターストーン Dr.STONE」応援しています。その他いろいろ日記や感想などなど。

本を読むときにカバーは邪魔

新書買ってきました。

 

新潮新書 橘玲 「言ってはいけない 残酷すぎる真実」

 

普段新書は読むとしたら図書館で借りるくらいで自分で買うことはほとんどないんですが、今回はちょっと買いました。

 

読み始めたところ、すごい本です。

 

感想を書いてみたいけどうまく考えをまとめて書けるかなあ。

 

 

ところで私は本を読むときはカバーを外してしまわないと落ち着いて読めません

 

 

 

f:id:mogmogfirst:20170507183542j:plain

 

 

むき出し状態にして読んでます。

 

活字でも漫画でも。

 

正直に言ってカバーって読むときには邪魔です。

 

もしかしたら最初からカバーなんて存在しなくていいと思ってるかもしれません。

 

カバーのカラーの絵をいいと思うことはあるんですけど。

 

やっぱりないとだめなんでしょうかね。

 

 

書店で買ったら店員さんがカバーつけるか聞いてくることがありますが、あのカバーのカバーをつけてるとちょっとだけ読むときの邪魔さが軽減されているかもしれないです、

 

でも書店で買うことあんまりありません。

 

かなりの割合でアマゾンか楽天で買ってる感じです。

 

カバーつけてもらう機会は本当に少ない。

 

ネット通販に依存しすぎなのもよくないかなあ。

 

 

あと帯もちょっと扱いを持て余してるかもしれないです。

 

なんか記念品のような気がして(好きな漫画だと特に)捨てる気にならないけど、そのままつけてたらいつかボロボロになるに決まってます。

 

仕方ないのでカバーの外からカバーの中に移動させて保存しています。

 

帯もカバーもちょっと折り目の位置を変えないと綺麗にカバーの中に入ってくれません。

 

その作業は慣れているとはいえ、ちょっと面倒…。

 

 

カバーと帯ってほんとに邪魔です。

 

かといってもしこの世の全ての本からカバーと帯を廃止します!とでもなったら、もしかしたらそれはそれで寂しいと思ってしまうかもしれません。

 

広告を非表示にする
スポンサーリンク